The Flare Network

The Flare Network

本日、Flare Networkの詳細な計画を公開することができました。これらの計画は、ネットワークとそのネイティブトークンであるSpark(こちら)、XRPとFlareの信頼性の高い統合(こちら)を網羅したホワイトペーパーの草稿を読むことで完全に理解することができます。これらのホワイトペーパーは草稿の状態であり、現在からFlareが稼働するまでの間に最適化の変更が行われる予定です。以下の概要から大きく逸脱するような変更はありません。この記事では、Flare の最も重要な点に焦点を当てています。各重要なコンポーネントの技術的な概要は、次の週以降、XRP、FXRPの信頼性の高いFlareの統合のウォークスルーから始まります。ご期待ください。

(TL;DRはこの投稿の最後にあります)

Flareとは何か、そしてなぜそれを作るのか?

Flareは2つの重要な問題を解決するために存在しています。

第一に、私たちの業界のビルドアウトのためにすぐに重要になるのは、「パブリックブロックチェーンに存在する価値の75%は現在のところスマートコントラクトでは信頼性のある方法で使用できない」ということです。

第二に、短期的にも長期的にも、今日のスマートコントラクトネットワークのスケーリングがどのように実装されているかという潜在的な問題があります。新しいネットワークの大部分は、Proof of Stakeまたはその変種を使用しています。これらのプロトコルは、ネイティブ・トークンからネットワークの安全性を導き出しています。

Proof of Stakeに内在する当面の問題は、コンセンサスデザインがネイティブトークンの代替的な使用をまだ安全に許可していないことです。トークンの保有者が、安定したコインを作るために担保を提供することで、ステークよりも高い利回りが得られる場合(そしてスラッシングの可能性がない場合)、経済合理主義者である彼らはそうするでしょう。これは、トークンをステイクから遠ざけ、ネットワークの安全性をカニバライズしてしまいます。(このトピックに関する非常に洞察力に富んだ論文はこちら) 比較的高い取引コストとはるかに低い取引スループットを持っているにもかかわらず、EthereumがまだDeFiの道をリードしているのは、おそらくこれが重要な理由ではないかと疑っています。

長期的な問題としては、Proof of Stakeネットワークが利用されるようになり、その上に構築された価値が高まると、ステーキングトークンの価値が上昇しなければならず、そうでなければネットワークが安全でなくなるということです。これはトークンの投資家にとっては良いことですが、分散化がビジネスの主流になることを望む人々にとっては良くありません。なぜでしょうか?なぜなら、ネットワークを守るトークンの価値が上がるためには、資本がトークンを買うために他の用途から流用されなければならないからです。論理的に考えれば、もしProof of Stakeを利用したスマートコントラクト・ネットワークがユビキタスなビジネス手法になった場合、ネットワーク上に構築された価値を確保するためだけに、他の手段から資本を流用しなければならない規模は、商取引のコストを現実的ではないほど高くすることになるでしょう。このような理由から、それが実現する可能性は極めて低いと考えられます。Proof of Stake とその変種はトランザクションのスループットを拡張することができますが、既存の実装では価値を拡張することはできません。私たちの意見では、Proof of Stake はソリューションというよりもその場しのぎのものだと考えています。

Flareはこれらの問題をどのように解決しているのでしょうか?

Flareは、スマートコントラクトプラットフォームをスケーリングするための新しい方法であり、安全性とトークンの価値を結びつけないことを核としています。Flareは、主にスパム取引を抑止するために、ネットワークの運用にトークンを必要としています。FlareのトークンはSparkと呼ばれています。Sparkはネットワークの安全性に影響を与えないので、スマートコントラクトで非チューリングの完全なトークンを信頼性の高い形で使用するのに適しています。

Flareは、世界初のチューリング完全なFBA(Federated Byzantine Agreement)ネットワークです。ノードはAvalancheコンセンサスプロトコルを実行し、FBAコンセンサストポロジーに重要な適応をしています。FBAは、高価値・高リスクのユースケースを妨げる経済的インセンティブに頼らずに安全性を達成するという点で、コンセンサストポロジーとして独特です。純粋なFBAの批判は、構成ノードの脆弱な構造につながり、単一ノードの障害がネットワーク全体の障害を引き起こす可能性があるトポロジーシナリオを可能にすることである。このため、ユニーク・ノード・リスト(UNL)トポロジーと呼ばれるFBAの特定の設定が優先され、FBAのオープン・メンバーシップの特性を維持しながら、明確さと使いやすさを重視しています。UNLのオーバーラップ率はガバナンスで定義されたパラメータであり、オーバーラップ率が低いほどネットワークのオープン・メンバーシップ特性が向上します。FlareネットワークはEthereum仮想マシン(EVM)を利用しており、ネットワークはチューリング完全なスマートコントラクトを実行できるようになっています。

ネットワークの起動時に、Flare の上に構築されたプロトコルは、安全に信頼性の高い発行、使用、償還、Flare 上の XRP を有効にするためのものです。このプロトコルはFXRPと呼ばれています。XRPはFlare上で安全かつ信頼できるFXRPになり、FlareのネイティブトークンであるSparkによって保護されます。XRPは現在、事実上チューリング完全ネットワーク上に存在しており、一旦そこに行けば、他のネットワークとの信頼できる相互運用性が実現可能です。

要するに、FlareはXRPのスマートコントラクトプラットフォームとして、あるいはXRPから他のネットワークへの信頼性の高いパイプラインとして使用することができます。

さらに、FXRPの一般的な方法論は、非チューリング完全トークンにも拡張可能であり、どの他のトークンをサポートするかを決定し、その手段を拡張する能力は、ネットワークのシステムとガバナンスの中に組み込まれています。

Flareは、非チューリング完全トークンの価値とスマートコントラクトの変換力を融合させ、価値とトランザクションのスループットをスケーリングできるネットワーク上で実現します。


FXRPの概要

XRPをFlareに乗せることの複雑さは、パブリックブロックチェーン上のスマートコントラクトにXRP台帳上のアドレスを制御する方法がないことです。その理由はスマートコントラクトには現在のところ、本当に秘密にしている鍵を保存する適切な方法がないからです。コードだけを使ってXRPをFlare上で利用するには、参加者のグループが集合的に管理するマルチシグネチャアドレスを持ってくる必要があります。このマルチシグネチャアドレスによって発行されたアセットのユーザーは、そのユーザーの集合体を信頼しなければならず、そのアセットは信頼されていないか、分散化されていないかのどちらかになります。

FXRPは、XRP保有者(オリジネーター)がXRP台帳上の一連のアドレス(エージェントと呼ばれる)にXRPを安全に送信することを可能にします。Flare上のFXRPスマートコントラクトは、その後、XRPと1対1で交換可能で、Sparkで保護されたオリジネーターFXRPをFlare上で発行します。FXRPの保有者がFXRPをXRPに交換したい場合(交換者)は、FXRPをFlare上のFXRPスマートコントラクトに送り返します。そして、エージェントはXRPをXRP台帳に登録されている換金者のアドレスに送ります。もしエージェントがこの換金を素早く完了させなければ、換金者にはXRPの価値に加えて、XRPを再購入するための取引コストが補償されます。

FXRPでは、中央集権的な仲介者は必要ありません。

FXRPは以下のように動作します。

FlareのネイティブトークンであるSparkの所有者は、そのトークンをFXRPシステムと呼ばれるFlare上のスマートコントラクトの集合体に送ることができます。これを行うユーザーはFXRPシステムに担保を提供していることになります。彼らはエージェントと呼ばれています。エージェントの一人をボブと呼びましょう。FXRPシステムには多くのエージェントがいます。

ボブが5000SparkトークンをFXRPシステムに入れたとします。この例では、10Sparkトークンを1XRPトークンで購入することができます。FXRPシステムは担保比率2.5を要求しています。つまり、エージェントは常にシステムがSparkトークンで割り当てたFXRPの価値の2.5倍の価値をシステムに提供しなければなりません。FXRPはここではXRPと1:1として評価されます。したがって、ボブの5000Sparkトークンは、システムが200FXRPを発行することを可能にします。

アリスのような人がFXRPを作成したいとき、彼らはFXRPに造幣したいXRPの価値の0.1%の固定料金でFXRPシステムにトランザクションを送信します。アリスはオリジネーターと呼ばれています。このトランザクションはまた、FXRPが造幣された後、FXRPをFlare上のどのアドレスに送るか、XRPがXRP台帳上のどのアドレスから発信されるかをFXRPシステムに伝えます。FXRPシステムに利用可能なキャパシティがある場合、作成されるFXRPの量を確保するための担保は、アリスの今後の取引に対して一定期間ロックされます。この方法では、アリスはボブを信用する必要はありません。その代わりに、アリスのために、XRPLedgerのどのアドレス(ボブのアドレス)にXRPを送るか、そして最後にどのLedgerインデックスを使用するかを指示する一連の命令が生成されます。もしシステムに希望のFXRPを発行する容量がない場合は、アリスは手数料を返金されます。

その後、アリスは正しい金額のXRPとXRPの作成手数料をXRP台帳上のボブのアドレスに送ります。この作成手数料は、BobがSparkの担保をロックアップすることで得られるお金の大部分です。Flareは、State Connectorと呼ばれるシステムを使用してこの取引を観測します。FXRPはその後、システムによって鋳造され、Flare上のアリスの指名されたアドレスに届けられます。

2.5倍の担保比率は常に維持されなければなりません。XRPの価格がSparkに対して上昇し、ボブの担保の価値が2.5倍のFXRPを下回った場合、ボブは限られた時間内にSparkトークンを担保として追加するか、FXRPトークンを購入して換金し、彼の担保比率を一定に戻すかのいずれかを選択することができます。例えば、ボブの5000Sparkトークンに対して200FXRPトークンが発行され、XRP/Sparkの価格が12に上昇したとします。ボブは今、システムに1000スパークを追加するか、発行されたFXRPの割り当てを166.66に減らすために33.34FXRPを購入して換金する必要があります。

ボブが追加のSparkトークンにアクセスできない場合、彼のアドレスでサポートされているFXRPの残高を減らすことは金銭的に負担になりません。ボブの担保によりFXRPシステムは200FXRPトークンを発行することができ、その過程でボブは200XRPをXRP台帳上で受け取りました。したがって、もしBobがSparkトークンを購入するための追加の資本を持っていない場合は、取引所でFXRPのために十分なXRPを売却して、少なくとも33.34FXRPを換金するか、またはFXRPシステム内に十分な過剰な担保を持った他のエージェントがいれば、純粋に分散化された環境に残り、十分なFXRPを造幣してすぐに換金することができます。2 番目のシナリオは、本質的にシステムの残りの部分に義務をシフトさせます。ボブが何もせず、担保比率に対して不履行のままであれば、ボブの担保は、それに対して発行されたFXRPの金額で自動的に競売にかけられます(この場合は200です)。この操作の後、ボブは残りの担保を保持します。

ボブが担保として追加のスパークを追加することを選択したとしましょう。今しばらくして、発行された200FXRPのすべてを所有しているアリスは、全額をXRP台帳に戻して換金したいと思っています。アリスは単にFXRPをシステムに送信し、彼女が入金したいアドレスを伝えるFXRPシステムとの取引を行います。その後、システムはボブに、どのくらいのXRPをどこに送るか、そして取引を完了させなければならない2つのXRPLedger番号の期限を伝える一連の指示を発行します。ボブが最初の期限までに取引を完了した場合、彼の担保は完全にロックされていません。ボブが最初の期限までに失敗しても、2回目の期限までに成功した場合、彼は少額の違約金を請求され、残りの担保はロックが解除されます。違約金はバーンされます。

ボブが2回目の期限までに取引を完了できなかった場合、それは償還失敗と呼ばれます。アリスはその後、彼女の換金されたXRPの価値に1%の増加分を加えたSparkトークンでXRPを買い戻すための取引コストを補償されますが、これはボブの担保から引き出されます。ボブの残りの担保の50%はペナルティとしてバーンされ、残りの50%はボブに返却されます。その後、アリスは交換で代替のXRPを購入することができます。あるいは、Flare上にFXRPを発行している他のエージェントがいて、それを売りたい人がいると仮定して、アリスはFlare上でより多くのFXRPを購入し、それらのエージェントと交換することができます。



SPARKと依存性の高いアプリケーション

FXRPはSpark Dependent Application (SDA)と呼ばれるものの最初の例です。SDAは、その構築にSparkのいくつかの組み合わせを使用するアプリケーションとして定義されています。Sparkを担保に使用し、Flare Time Series OracleとSparkトークンホルダーをガバナンスに使用します。これらの要素のそれぞれは完全にオプションであり、アプリケーションは取引コストの支払いのためにSparkと相互作用するだけでFlare上で動作することができます。例えば、FXRPは担保としてSparkを使用し、XRP/Spark価格のためにFlare Time Series Oracleを使用し、FXRPの作成料金や担保率などの特定のパラメータに対するガバナンスのためにSparkトークンの所有者を設定します。SDAモデルは、3つのコンポーネントのそれぞれを任意の数のアプリケーションに拡張するためのテンプレートを提供することを意図しています。Sparkをすべてのアプリケーションに渡って担保として使用することは簡単ですが、最も重要な要素は、複数の時系列に渡って安全なオラクルメソッドをどのように作成できるかを検討することでした。

Flare Time Series Oracle

Sparkトークンを所有することで、Flare Time Series Oracle (FTSO)に貢献することができます。FTSOの目的は、分散化を維持しつつ、オフチェーンからFlareのデータを正確に推定することです。FTSOは、個々の時系列の多くの推定値を提供するように構成されています。XRP/Spark価格は単一の時系列の一例です。

FTSOが出力する各時系列は、一般的に2つの参加者グループがあります。FXRPアプリケーションでは、FアセットはFXRPトークンそのものです。複数の時系列を必要とするデリバティブ・アプリケーションのようなより複雑なアプリケーションでは、Fアセットは、発行されたガバナンス・トークンに近いものになるかもしれません。

各時系列について、FTSOは関連する各参加者に推定値を提供するよう求めます。Spark保有者はすべての時系列の推定値を提供し、Fアセット保有者はFアセットに関連する時系列の推定値のみを提供します。これらの推定値は、Flareホワイトペーパーのセクション4で定義されているように処理され、システムによって出力されます。

Fアセット保有者がシステムにデータを提供するインセンティブは、アプリケーションの安全性である。Sparkトークン保有者のインセンティブは、オラクルリワードと呼ばれるものを獲得できる可能性によってもたらされます。これは、システムによって発行されるSparkトークンの量です。オラクルリワードは、各FTSOの推定期間に一律に分割された年間レートです。例えば、率が10%の場合、1年間に365の見積もりがあり、Sparkトークンの開始数が100であるとすると、1年間に10個のSparkが作成され、1日あたり~0.03個のSparkが発行され、報酬が与えられることになります。Sparkトークンの貢献者は、「正しい」と判断されたデータを貢献することで、この報酬を得ることができます。正確な仕組みはホワイトペーパーに記載されています。重要なのは、Sparkトークンを持っている人は、貢献しなかったり、間違った見積もりを提供したりしてリワードを獲得しなければ、リワードを獲得したトークンの価値を失ってしまうということです。これはFlareのブロック報酬のバージョンです。

FTSOは、以下の価格を提供するために開始されます。

・XRP/Spark、USD/Spark、BTC/Spark、XLM/Spark

XRP/Sparkのみが、最初に対応するFアセットを持つことになります。追加の時系列とそれに関連する Fアセットは、ガバナンスプロセスを通じて提案され、承認されることができます。

デリゲーション

FTSOは実際には数秒ごとに見積もりを提供します。すべてのSparkホルダーがFTSOに貢献するためのハードウェアを実行できるわけではありませんし、ネットワークガバナンスに投票することに興味がないかもしれません。そのため、両方の責任に対する投票をトークン自体から切り離して、他の当事者に個別に委任することができます。委任はいつでも取り消すことができ、トークンがあるアドレスから別のアドレスに転送された場合、委任は自動的に取り消され、投票権はトークンと一緒に移動します。また、FXRPのようなSDAは、Sparkの投票権を最終的な所有者に委任することができます。ボブが5000Sparkトークンを持っている場合、FXRPはそのトークンからの投票をボブが指定したアドレスに委譲します。もしボブが自分に代わって専用のデータプロバイダにFTSOに貢献してもらいたい場合、BobはFTSOへの投票をデータプロバイダに再委任することができます。重要なことは、BobはFXRPアプリケーションに担保を提供することでSparkを獲得するか、FTSOから報酬を獲得する可能性があるかを選択する必要がないということです。Sparkトークンを基本的な所有者が利用できないようにするSDAは、アプリケーションに基本的な所有者の定義があれば、委任手続きを実装することができます。

ガバナンスと財団

Flareは、Sparkトークンホルダーの投票によって管理されています。SDAはオプションでSparkトークンホルダーに管理を依頼することができます。

ある種の決定は、取引コスト、オラクル報酬率の変更、または SDA としての FXRP を見て、担保比率と作成手数料の変更など、オンチェーンで自動化された方法で行うことができます。新しい時系列をFTSOに追加し、その提案されたFアセットをリンクするなどの他の決定、ネットワーク・コンセンサス・パラメータの変更、またはより複雑な長期更新にはコード変更が必要です。Flareのホワイトペーパーでは、Sparkトークンの保有者が開始して投票することができる手動変更の提案、開発、テスト体制を規定しています。このプロセスを実装し、合意された変更を実行するために、Flare財団が設立されます。この財団は非営利団体で、数ヶ月後に法人化される予定です。助成金、投資、研究開発、教育、広報、パートナーシップの5つの主要分野を担当します。

これは研究開発機能であり、ネットワークの更新プロセスの不可欠な部分であり、提案されたネットワークコードの変更を分析し、報告し、構築、テスト、展開するための基盤となるものです。

財団は透明性が高く、無駄遣いをしません。活動と支出に関する年2回の報告書を提出し、公表します。財団はSparkトークンホルダーからの指示を受けることのみを目的としており、議題を設定することはできません。そのため、FTSOへの貢献、ネットワーク上のアプリケーションの担保として保有するSparkを使用すること、ガバナンスの投票にSparkを使用することはできません。また、Sparkトークンを他人に譲渡することもできません。さらに、ガバナンス投票で財団が有益な目的を果たさなくなった場合、財団は活動を停止し、保有しているトークンを早急に焼却しなければならないことが、財団の規約に明記されています。

Sparkの発行

チューリング完全スマートコントラクトでXRPの利用を可能にする資産を所有するのに最適なのは、それを利用して利益を得ようとするコミュニティです。

いわゆるXRPホルダーです。FlareはITOをしていません。その代わりに、我々がユーティリティフォークと呼んでいるものを行っています。私たちは、これがこの種における最初のものだと信じています。

1000億のSparkトークンは、存在するXRPの量をミラーリングするために作成されます。リップル社のラボに属していない約450億のXRPトークンが存在します。配布の目的は、リップル以外のXRP保有者が自分のXRP保有量に対して約1:1の量のSparkを請求できるようにすることです。450億Sparkは、XRP保有者が請求できるようになります(既知のRipple labsのアドレスを除いたもの)。250億SparkはFlare Networks Limited(Flareの営利組織)に送られます。300億SparkはFlare財団に寄付されます。

多くの XRP 所有者が実際に取引所を利用して XRPトークンを保持しているため、XRP所有者が Spark を請求しても、取引所が Spark を請求して保持しているか、または全く生きゅをしないせいで、Sparkトークンを請求できない可能性があります。XRPの所有者がSparkトークンを配布するように取引所に圧力をかけたり、配布する取引所に移動したりすることで、配布に参加できるようにするために、XRPLedgerのスナップショットは発売日に近い日に撮影される予定です。参加している取引所のリストは、Flareのウェブサイトに掲載され、定期的に更新されます。スナップショットのLedger番号は、スナップショットが撮影された時点でウェブサイトに掲載されます。

TL;DL

Flareは、世界初のチューリング完全なFederated Byzantine Agreement(FBA)ネットワークです。それはEthereum Virtual Machine (EVM)を統合し、トークンから安全性を導き出すことはありません。その上に、Flare上でXRPの信頼姓を気にしない発行、使用、償還を安全に可能にするプロトコルが構築されています。このプロトコルはFXRPと呼ばれています。このプロトコルの一般的な方法論と、Flareを他のネットワークに接続するシステムは、非チューリング完全トークンにも拡張可能です。他のネットワークとの信頼性を気にしない相互運用性は、CosmosやPolkadotのような相互運用性プロトコルを介して、あるいはよく定義されたブリッジプロトコルを介してEthereumとの相互運用性の両方で実現可能です。

FlareのトークンであるSparkは、初のユーティリティフォークとなる可能性があり、それによってオリジンネットワーク(この場合はXRP Ledger)はユーティリティの向上によって利益を得ることができます。Flareネットワークの開始時には1000億Sparkトークンが作成されますが、そのうちの450億はRipple Labsを除く既存のXRP保有者が請求することができます。これは現在のXRP保有者が保有しているXRPトークン1個につき約1個のSparkトークンを請求できるように、既存のXRPの分配量を反映したものです。250億トークンは開発者であるFlareに、300億トークンはFlare財団と呼ばれる非営利財団に寄付されます。Sparkトークン保有者は、FXRPの信頼性の高い発行・償還を担保にSparkトークンをコミットすることで、また、Flareの時系列オラクルにデータを提供することで、Sparkトークンのリターンを得ることができます。これらの機能は互いに競合するものではありません。

Sparkトークンは、投票によるネットワークのガバナンスに使用されます。Flareの開発を支援するための助成金や投資を除いて、財団はSparkトークンの所有者から技術的な指示を受けます。財団の重要な役割は、ガバナンスの投票によって合意されたネットワークのアップグレードや変更の実行を支援することであり、コードの変更がなければ実行できないものは、それを実行することができません。重要なのは、Sparkトークンの所有者がSparkトークンの存在がネットワークに利益をもたらさないと認めた場合、財団は解散し、財団が保有するSparkトークンをすべて焼却しなければならないという条例が財団の規約に書かれていることです。

Flareは、非チューリング完全トークンの価値とスマートコントラクトの変換力を融合させ、価値とトランザクションのスループットをスケーリングできるネットワーク上で実現します。

2つの質問への答え

Sparkは裏でProof of Stakeノードを作成している?

FXRPのような担保が必要な発行済みトークンのみSparkで担保されています。ネットワークは、合意に至るまでの安全性を確保するためにSparkを使用していません。

以前のブログで紹介したネイティブステーブルコインはどうなったのでしょうか?

私たちには米ドル建てのステーブルコインのための非常に強力なコンセプトがありましたが、それにはEthereum Virtual Machineの大規模な再設計が必要で、そのためにローンチが遅れ、将来のEVMとの互換性に予測不可能な影響を与えてしまいました。構造化されたSparkは、XRPコミュニティとXRPLedgerの両方に、より大きな実用性と利益を提供しています。