スパークトークン配布の詳細情報

Further Information on The Spark Token Distribution

この投稿では、Sparkのトークン配布メカニズムのさらなる詳細を提供することを目的としています。

トークン供給

Flareはネットワークの開始時に1,000億スパークトークンを作成しています。これらがどのように配布され、いつ利用可能になるかについては後述します。

請求方式:

以下の請求式は、個々のXRPホルダーが合計で受け取ることができると予想されるSparkの量を示しています。

$$\text{Spark  claimable} = \frac{\text{XRP owned}} {\text{XRP total - XRP Ripple - XRP NPE }} *\text{45 Bn},$$
ここでの変数は:

Spark claimable: XRPアドレスで請求可能な Spark の量

XRP owned(所有XRP):スナップショットの時点でXRPアドレスにあるXRPの量

XRP total: スナップショットの日付で存在するXRPの総量

XRP Ripple:スナップショット時にRipple関連の口座に保有されているXRP(エスクロー残高を含む)

XRP NPE:スナップショット日に非参加取引所が保有するXRP

請求資格:

修正グループに属していない場合(詳細は下記)、請求できるスパークの数は、取引所の参加にのみ依存します。これは、非参加の取引所残高を差し引くと分母が小さくなるため、請求者が請求できる450億スパークのシェアが増えるからです。


修正グループ:

除外されます

Ripple incと参加していない取引所以外にも、完全に配布対象外となっているグループがいくつかあります。これらは、ジェド・マッカレブ氏と、詐欺や窃盗、詐欺でXRPを受け取ったことが知られているアカウントです。

Ripple Incや非参加取引所とは異なり、これらの除外された参加者に支払われるはずだったSpark残高は、代わりにFXRPから始まるFアセットの鋳造を奨励するために、リワードプールに入れられます(下記参照)。

個々の大量保有者上限:

10億XRP上限は、同じ個人に属することがわかっているXRPアカウントのグループに設定されます。これは、そのような個人が10億XRPトークンを使用してSparkを請求できるが、それ以上は要求できないことを意味します。

この金額は、大量保有者上限と呼ばれます。これらの大量保有者がXRPで上限額を超えて請求できた可能性のあるスパークも、FXRPを作成するためのインセンティブプールに入れられます。

配布の目的で、この投稿の公開から2020年12月12日までこれらの上限付きアカウントからXRPを受け取るアカウントは、Sparkを請求する可能性のあるXRP数量からこの数量のXRPが差し引かれます。

何が受け取れますか、いつ受け取れますか?

ネットワークローンチ時に、Sparkを請求した各アカウントは、対象となるSpark合計の15%を受け取ることができます。これは、上記の式のSparkの請求可能期間の15%です。残りのSparkの請求可能期間は、最低25ヶ月間、最大34ヶ月間に分配されます。

毎月、間隔の疑似乱数がフレア時系列オラクル(FTSO)によって生成されます。この数字は、最初に請求可能なSparkの残数のパーセンテージに対応しています。

例えば、ある人物Xが請求可能なSparkを1000個持っていて、毎月4%がFTSOによって選択されている場合、1日目に1000*15% = 150 Sparkを受け取り、その後、(1000-150)*4% = 毎月34 Sparkを追加して25ヶ月間、合計1000 Sparkとなります。

疑似乱数の平均値は、2と4の中間点である月3%に相当します。このペースでいくと、34ヶ月以内に分布が完成することになります。このプロセスは、全てのSparkが配布されるまで(最低25ヶ月)、または34ヶ月が経過するまで実行されます。34ヶ月経過した時点で、未配布のSparkが残っている場合は、ガバナンスの投票に基づいて燃やされるか、配布されます。( バーニングイベントがある場合、個人が全体的に受け取るトークンの量が減りますが、トークンの所有率は変更されません)

このプロセスでは、誰もが異なる扱いを受けることはありません:このプロセスは、フレア・ネットワークス・リミテッドとフレア財団が受け取る金額にも等しく適用されます。


トークンの受け取り方法について:

あなたが自己管理している場合、システムはあなたが主張したFlareアドレスにトークンを届けます。(これは、Sparkを申請する際にXRPメッセージキーフィールドで設定したEthereumスタイルのアドレスです)

あなたが使用している取引所を通じて請求を行っている場合、取引所は時間の経過とともにあなたのアカウントにトークンを配布します。

*注:ネットワークローンチ後(6ヶ月以内)に請求が行われた場合、そのアカウントに支払われる金額は、最初の配布15%+アンロックされた追加の金額となります。

なぜ配布はこのように構造化されているのですか?

配布構造は、ネットワークの立ち上げを成功させ、ユーティリティーを構築するネットワークへの参加に強力なインセンティブを提供するように設計されています。

フリーライダーと早期流動性管理

FlareでのFXRPのトラストレスな発行を支えるために資本を提供するのは、XRPを所有している人たちであるというのが私たちの立場です。これを公平に実現する唯一の方法は、現在行われているSparkの流通方法だと私たちは考えています。 FlareとSparkが生み出すユーティリティのために、FlareとSparkを受け入れるのではなく、一定の割合の人が「無料のお金」だと思っていてSpark を請求したいと思います。この動きからの悪影響を軽減するために、一度に市場に投入できる流動性の量は、拡張されたロック解除プロセスによって制限されます。

ネットワーク参加インセンティブと弱者の手

過剰な流動性を制限することに加えて、配布構造はネットワークに価値と実用性をもたらす参加者に大きな報酬を提供します。これらの参加者は、すでにSparkを(請求を通じて)持っている参加者であったり、Sparkを売却することを決めた人からSparkを購入した参加者であったりします。トークンの配布構造は、早期に参加した場合のパーセンテージの報酬がこれまでで最も高くなることを意味します。その後、パーセンテージとしての報酬は、ネットワークが成熟し、トークン分布が展開されるにつれて、時間の経過とともに減少していきます。 このように報酬のパーセンテージを高めることは、計画されているトークンの供給量を全く変更することなく実現されています。

どうやってそれをしますか?Flare (白書) のホワイトペーパーを読んだ方は、Flareネットワークの「心臓部」がFlare時系列オラクル(FTSO)であることを覚えていると思います。これは、ネットワークにとって重要なプライスフィードを分散的に生成するシステムです。FTSOは、新たに鋳造されたSparkの数を支払います。このレートは、開始時にSparkトークン全体の10%に設定されています。このレートは、ローンチ後にガバナンスのパラメータとなります。例えば、ネットワークが1日目に1000億トークンでスタートした場合、1年目にミントされて配布される量は1000億 * 10% =100億Sparkとなります。

FTSO は、ネットワークの開始時から、1000億トークンが完全に配布され、ロックが解除されたかのように振る舞うように設定されています。 (この数は、請求期間が終了し、未請求のトークンが焼かれた後に調整されます)

これはつまり、鋳造されるトークン数は、一度にすべてのトークンが配布された場合と同じであることを意味します。したがって、配布終了時の総供給量は変化しません。重要なことは、Sparkは時間の経過とともにアンロックされるので、初期のネットワーク参加者はFTSOからより大きなリターンを得ることができ、ネットワーク上でより重要な参加者となる可能性があるということです。

時差配布モデルは、エージェントやデータプロバイダーになりたい個人やグループにFlareへのインセンティブを与える追加の方法として機能し、さらにより早く参加するようにインセンティブを与える必要があります。

これらの関係者はネットワークに価値と有用性をもたらし、流通モデルはエコシステムの開発と分散化を支援します。 Flareでユーティリティを生成するインセンティブであるだけでなく、時差配布は、関心のある参加者が売り手から過剰な流動性を吸収するための強力なインセンティブを提供する必要があります。

注:注:Sparkを所有している多くの人は、データを提供することによってFTSOに直接参加できない場合があることを理解しています。 このシステムでは、利益の一部と引き換えに、データプロバイダーへのSpark投票の委任が可能です。 データプロバイダーへの委任には、Sparkトークンへのリスクはありません。 Proof of Stakeチェーンのステーキングが取引所で提供されるのと同じように、Flareデータプロバイダーへの委任が利用可能な機能になる可能性があります。(取引所に問い合わせてみてください)。すでにネットワーク上には、データプロバイダーになる準備をしている事業体がいくつかあります。ローンチに向けて、さらに多くの事業体が参加することになるでしょう。

FアセットとFXRPインセンティブプール

フレアネットワークの実質的な有用性のもう一つの要素は、Fアセットの形でFlareに価値を橋渡しすることです。例えばFXRPはFアセットです。FlareにFアセットの価値が蓄積されることで、開発者はネットワークとエコシステムの開発に参加することができます。

FXRPを始めとするFアセットを鋳造したユーザーに報奨金を与えるために、アルゴリズム的に管理された少なくとも100億Sparkのインセンティブプールが設定されます。このインセンティブプールは、除外グループ、大量保有者上限と潜在的にはFlare Foundationの保有資産の一部から作成されます。

インセンティブプールは、FXRPと他のFアセットがFlare上で長期的に存在することを奨励するように構成されています。インセンティブプールの正確な構造とペイアウトプロファイルについては、後ほどご紹介します。インセンティブプール全体は初日からアンロックされますが、Fアセットが鋳造され、ネットワーク上に保持されている場合のみ、段階的に獲得されます。FTSOと同様に、技術的に対応するのが難しいトークン保有者がこれらの報酬を獲得できるようにするサードパーティが存在する可能性が高いです。